ブログ

6年生が大喜び!バックステージツアーをチラリ。

こんにちは。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

KIOが行っている、芸術鑑賞会の児童演劇。
小学校では、「卵をとるのはだあれ?」「きつね」の演目を行っていますが、通常の演劇と同じくらい人気なのが、
バックステージツアー

しかも、6年生に人気なのです!
その理由は・・・?

通常、小学校で公演するときは1年生から6年生まで体育館に集まって一緒に観劇します。体の小さい1年生はステージの前の方に、6年生は一番後ろ側に。人気ステージの「卵をとるのはだあれ?」は、子どもたちへの問いかけも多い参加型の演劇なのもあって、1年生は盛り上がって「はーい!」「はーい!」と大興奮で、前のめり状態。

13169823_626004414218399_869114849_o
卵博士と魔女のフィフィ。

13169823_626004414218399_869114849_o
子どもたちに人気のネコと、ぼおっとサルもどき。

しかし、”お兄さん””お姉さん”と呼ばれるようになる最高学年6年生になると、体全体を使って楽しさを表現するのが、ちょっとばかし恥ずかしさや照れくささも出てくるのでしょうか?1年生と比較すると、大人しく見えます。

13169823_626004414218399_869114849_o
公演終了のご挨拶「ありがとうございました!」

公演が終わり、1年生から順番に退出していき、6年生が最後。そこで声をかけます。

「はい、6年生のみんな集合してください!6年生だけトクベツにバックステージツアーをします。」

すると、今までおとなしかった6年生が「わー!!まじでーー!」と歓声をあげます。今までちょっとだけ我慢していた感情が一気に爆発するのでしょう。役者側としてもサプライズをしているようで、楽しみな瞬間です。

13169823_626004414218399_869114849_o
さあさあ、舞台裏へようこそ♩

バックステージツアーとは、子どもたちが舞台の裏手(舞台裏)にまわって、舞台装置や小道具に触れてながら、役者と接する事ができる機会。

13169823_626004414218399_869114849_o
演技で使われた小道具”卵”を、実際にわしづかみ。

13169823_626004414218399_869114849_o
お面、被ってみますか?

13169823_626004414218399_869114849_o
役者と子どもたちの距離がぐっと縮まる瞬間です。

「お面ってどうなってるの?」
「そのスプレー(役者の持つ小道具)、触らせて!中何が入ってるの?」
「本当は何歳なん?」
などなど、子どもたちは公演中に感じた素直な疑問を、役者に直接投げかけています。

13169823_626004414218399_869114849_o
「僕も上に登りたい〜」と子どもたちに言われていました。

13169823_626004414218399_869114849_o
この日の公演は海外からの来客も。

公演後に学校から寄せられる、子どもたちのメッセージでも”バックステージツアーが楽しかった!”という声を結構いただきます。やっぱり、自分たちだけ舞台裏を覗けたというトクベツ感がいいのでしょうね。(トクベツやサプライズが嬉しいのは、大人になっても同じですね)

13169823_626004414218399_869114849_o
3年生と6年生の子どもたちからメッセージが届きました。

13169823_626004414218399_869114849_o
ありがとうございます〜。

13169823_626004414218399_869114849_o
こちらこそだよ〜。

1年生から6年生、たった一学年の差でも大きな差なんですよね。その微妙な成長度合いの変化を見過ごさずに、子どもたち全員に楽しんでもらえるように、細かい仕掛けを工夫しています。

公演を見られた方も、先生方も、「実際こうだった」や「こんな企画やネタがあったらいいのに」というようなご意見があればぜひ、率直なご意見をお待ちしています!
「感想を送る」ページ

関連記事

ページ上部へ戻る