遊んでお父さん

もし、ヒトラーとフロイトが出会っていたら・・・?
【人権教育に最適】なぜ独裁者は生まれ、人種差別はなくならないのか??

ストーリー
1895年。クララ・ヒトラーは毎晩悪夢にうなされている我が子アドルフが心配であった。ある日、自身の主治医であるアドゥアルド・ブロッホに相談すると、ある精神科医を紹介される。やってきた医師こそジグムント・フロイト出会った。フロイトはクララから子どもの容態を聞き出し、やがて父親アロイスによる虐待が原因であることがわかってくる。

img[380x190]_1
img[380x190]_2
img[380x190]_2

ココにご注目ください!

ecalic031_026 人種問題、暴力の連鎖、女性の人権、多くのテーマから人権の大切さを訴えます
ecalic031_026現代演劇の新しい手法を駆使して、観客に演劇の面白さを体験してもらうことができる
ecalic031_026 美術、照明、音響などを最小限とし、どこでも上演可能なスタイルかつ、低予算での公演が可能

公演情報はこちらから↓

■様式   演劇
■上演時間 60分(1幕・休憩なし)
■対象   高校生
■設営時間 約2時間
■料金  生徒一人 約1,300円(人数により割引あり)
(人数によって割引があります・遠方の方はご相談ください)
■観客数 1ステージ700人まで(会場により異なります)

公演のご依頼・ご相談はこちら
学校の公演実績はこちら

関連商品

  1. 漱石狂言・坊ちゃん

    原作『坊っちゃん』の物語を追いながら、作者・夏目漱石の人物像に迫る!

  2. 発達障害ってなに? お芝居と解説で学ぶ・みんなの個性

ページ上部へ戻る