漱石狂言・坊ちゃん

原作『坊っちゃん』の物語を追いながら、作者・夏目漱石の人物像に迫る!
親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている・・・

ストーリー
親譲りの無鉄砲で幼いころから損ばかりしている‟坊っちゃん“は教師の職を得て四国・松山へ転勤となるが、慣れない環境や人間関係に苦労する。漠然とした不安を抱えたまま松山での日々を送る坊っちゃんの心境は、やがて作者である夏目漱石自身のロンドン留学体験と重なっていく・・・。
「坊っちゃん」のみならず、「吾輩は猫である」「三四郎」「それから」などの漱石作品を引用し、作者の人物像に迫った伝記演劇。

■作:モンゴルズシアターカンパニー

原作 夏目漱石『坊っちゃん』
親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている「坊っちゃん」は母に死なれ、父に死なれ、兄と遺産を分けて縁を切り、数学教師になって四国の松山の中学に赴任した。身内と呼べるのは下女の清という老婆だけ。世間を知らない「坊っちゃん」が世間に挑む痛快小説。
img[380x190]_2
img[380x190]_1

ココにご注目ください!

ecalic031_026 夏目漱石の「坊っちゃん」を新しい解釈で上演し、作家漱石の内面の苦悩と作品の関連をわかりやすく観客に伝える。
ecalic031_026 現代演劇の新しい手法を駆使して、観客に演劇の面白さを体験してもらうことができる
ecalic031_026 美術、照明、音響などを最小限とし、どこでも上演可能なスタイルかつ、低予算での公演が可能

公演情報はこちらから↓

■様式   演劇
■上演時間 60分(1幕・休憩なし)
■対象  高校生
■設営時間 約2時間
■料金   生徒1人約1,000円(人数によって割引があります・遠方の方はご相談ください)
■観客数 1ステージ700人まで(会場により異なります)

公演のご依頼・ご相談はこちら
学校の公演実績はこちら

関連商品

  1. 発達障害ってなに? お芝居と解説で学ぶ・みんなの個性

  2. 遊んでお父さん

    【人権教育に最適】なぜ独裁者は生まれ、人種差別はなくならないのか??

ページ上部へ戻る