赤いひらひらの金魚

ノンバーバルで伝える、アジアの家族の風景を描いたファンタジー!
(あらすじ)
今日は少年の誕生日。仕事が忙しくて家庭を顧みない父親、そしてそれを見かねて家を出て行く母親。ひとり残された少年が出会ったのは、金魚すくいで出会ったひらひらと舞う金魚でした。いつしか金魚に心を預けるようになる少年。水の中で自由に優雅に舞う金魚を眺めているうちに、現実と非現実が融合し、世界の境界線が緩やかにゆがみはじめます。これは夢の中なのか、現実なのか、いつしか秘めやかな感情が一人と一匹の間に生まれはじめます。そんな中、現実世界で地震が起こり、、。
木琴の生演奏とピアノの音色、色鮮やかな映像演出が、しなやかに泳ぐ金魚のパフォーマンスを引きたて、浮遊感のある空間に観客ごと引き込まれます。
img[380x190]_1
img[380x190]_2
img[380x190]_2

ecalic031_026 舞台監督からのメッセージ
映像を多用した演出、音楽には、リアルとアンリアルがテーマに潜んでいます。人間ではないものに魅入られる少年が繰り広げるストーリーは、創造的なイマジネーションを駆使して見えない日常を描きます。

▼公演・チケット情報▼

現在公演の予定はございません

■お問い合わせ
一般社団法人KIO/TEL 06-6772-5471(平日13:00~17:00)

▼スタッフ・詳細▼

■様式   ライブダンスシアター
■上演時間 約60分(一幕・休憩なし)
■対象   小学生以上
■料金   ご相談ください
(人数によって割引があります・遠方の方はご相談ください)
■観客数 1ステージ700人まで(会場により異なります)

構成・演出・作曲・空間構成:中立公平
音楽:林史子
出演:松岡優香(バレエ)、真珠白子、和中まき(演奏)、南裕子
照明デザイン:伏屋知加
製作:KioSun(一般社団法人KIO)

公演のご依頼・ご相談はこちら
学校の公演実績はこちら

関連商品

  1. O7(オシチ)

    せわしげに響き渡る鐘、浮浪者の言葉、母親のささやき。交錯する強い想いが、時代を超え、満開の桜を呼び戻す。日本を代表する井原西鶴の原作に、現代風の演出を組み込んだ、アーティスティックな一作。

ページ上部へ戻る