学校の先生方へ

演劇は「コミュニケーション」!

学校生活でこんなお悩みありませんか・・・?

ecalic009_064 子どもたちが授業を落ち着いて聞いてくれない・・
ecalic009_064 集団生活がうまくできない・・
ecalic009_064 課外活動、芸術を通して、表現させ考えさせるのが難しい・・
ecalic009_064 子どもたちが飽きっぽい・・
ecalic009_064 演劇鑑賞会を選ぶのに、毎年困る・・

コミュニケーションで解決しましょう!!

舞台は見るものではありません。心を通わせるものです。

kyoshu

■学習指導要領(改正版)を意識

わたしたちは、演劇を「コミュニケーション」だと捉えています。創業から45年以上、子ども演劇一筋。他にはない、全てオリジナルの創作作品です。それぞれのストーリーには、一つひとつ大切なメッセージが込められています。発見や興味、自分の生活に対する振り返りなど、子どもたちにとって「気づき」の場を提供します。
お芝居を通して、子どもたちと心を通い合わせることで、こどもたちは心を開き、普段はみせない集中力と想像力で頭をフル回転させ始めます。
子どもたちの心を開かせる演目を、先生も一緒に、どうぞ会場でご体感ください。

ページ上部へ戻る