, , ,

マグナとふしぎの少女

2018年4月公演スタート!観劇特典アプリ付き・申込み受付中

▶︎ 公演のご依頼・ご相談はこちら

英語ゲームアプリを原作に、舞台化したストーリー

ある日、壁の上から、ふしぎな少女が落ちてきた。
「キミは誰?どこから来たの?」主人公カイは少女に問いかける。しかし、少女から返ってきたのはカイの知らない言葉だった。
“Where am I? Who are you?”
知らない言葉に戸惑いながらも、コミュニケーションをとろうと奮闘するカイ。カイは少女の秘密を知り、驚愕する。天まで伸びる大きな壁、マグナ。その向こうには、マモノが棲むと伝えられている。ふしぎな少女レイは、マグナの向こうからきた。
・・・レイはマモノなのか?
・・・マグナの向こうの世界には何がある?
2人が言葉を交わすとき、物語が動き出す。

演劇とアプリゲームのコラボ!

「英語を通じて視野を広げよう!」

ロボットやAIが当たり前となる時代を生きる子どもたちにとって、楽しみながら夢中になれることを見つけるのは非常に重要です。「マグナとふしぎの少女」をきっかけに、異なる言語や文化に触れ、自らの視野を広げることで、幅広い選択肢の中から打ち込めるコトを見つけて欲しいと願っています。
〜「マグナとふしぎの少女」原作者・孫 泰藏氏〜

みたらきっと英語を話したくなる劇

ecalic031_026 創業から45年以上、子ども演劇一筋の劇団
お芝居を通じて心を通い合わせると、子ども達は心を開き、普段はみせない集中力と想像力で頭をフル回転させ始めます。そのとき得られた体験は、必ず何かの気づきとなり、成長へと繋がっていきます。
ecalic031_026 英語に自然と触れ、好奇心・学び気持ちを育む
この作品は、英語が話せない主人公が、言葉の通わない少女と出会い、戸惑いながらも心を通わしていくことで、言葉や心の壁を乗り越え、友達になっていく姿を描きます。
ecalic031_026 英語をアクティブに話そうとする姿勢を育む
演劇を通した体験的理解により、「外国語の背景にある文化に対する理解を深め、他者に配慮しながら、主体的に外国語を用いてコミュニケーションを図ろうとする態度」(新学習指導要綱より抜粋)を育む事に繋がります。

movieはこちらから↓

アプリ「マグナとふしぎの少女」公式サイト
http://magna.mintflag.com/

■様式   演劇
■上演時間 70分(一幕・休憩なし)
■対象   小学生(低学年・高学年)
■設営時間 約3時間
■料金   35万円〜(大阪府下・500人まで※県外はプラス移動費など)
(人数によって割引があります・遠方の方はご相談ください)
■観客数 1ステージ600人まで(会場により異なります)


▶︎公演のご依頼・相談はこちら
▶︎ 学校の公演実績はこちら

関連商品

  1. O7(オシチ)

    せわしげに響き渡る鐘、浮浪者の言葉、母親のささやき。交錯する強い想いが、時代を超え、満開の桜を呼び戻す。日本を代表する井原西鶴の原作に、現代風の演出を組み込んだ、アーティスティックな一作。

  2. 赤いひらひらの金魚

    映像を多用した演出、音楽には、リアルとアンリアルがテーマに潜んでいます。人間ではないものに魅入られる少年が繰り広げるストーリーは、創造的なイマジネーションを駆使して見えない日常を描きます。

  3. Le petit prince 星の王子さま

    世界的に有名な童話、「星の王子さま」を完全オリジナルリメイク!

  4. GREEN MONSTER みどりのかいじゅう

    戦争を知らない子どもに、上手に伝える方法って? なんと緑を愛するモンスターが知っていました。

  5. ゾウの休日

    「ねえ、みんなはどう思う?」 自由について、自分なりの答えを考えてみて。

  6. 漱石狂言・坊ちゃん

    原作『坊っちゃん』の物語を追いながら、作者・夏目漱石の人物像に迫る!

ページ上部へ戻る